弁護士から税理士になれる?

テレビドラマなどには、裁判のシーンが登場することも少なくありません。
裁判官や検事、弁護士を演じる人を通じて、それぞれの仕事を理解する「きっかけ」にもなります。
なかでも弁護士は「依頼者の味方」とのイメージが強いですよね。
裁判になると相手側にも弁護士が付くため、それぞれの弁護士の手腕にも注目されます。
弁護士になるには「司法試験」に合格するだけでなく、司法修習の終了も求められます。
また、それらの課程を終えることで、裁判官(判事補)や検察官(検事)として歩む方法もあります。
さらに、検察官から弁護士に転職するなど、歩むべき道は人それぞれです。
それとは別に、弁護士や弁護士となる資格を持っている人は、税理士になることもできるのです。
公認会計士や公認会計士の資格を持つ人が、税理士として働けることはよく知られていますよね。
それだけに、弁護士から税理士になれるのは意外かもしれません。
ちなみに、弁護士から行政書士、司法書士などとして働くこともできます。
ただし、税理士や行政書士などを目指すのなら、それぞれの資格試験を受験したほうが早いかもしれませんね。