Archive

たった一人で始めた民宿

静岡県浜松の民宿、「ほつむら」のホームページを見てみました。
農家の藤谷さんという方が、たった一人で築150年の家を改装して始めた山の上の民宿です。
10畳半の囲炉裏がある部屋と12畳半の和室、山に向かっている間口が大きく見晴らしが良いリビング。
田舎のこぢんまりした民宿というイメージを持ちそうなものですが、これが予想に反して豪快な造りとなっています。
磐田市にある自宅から通いながら、5か月かけてほぼ藤谷さん一人で改装し開業にこぎつけたということですからすごいです。
何もない山の上で民宿を始めた理由は、民宿の元になった家のすぐ隣が藤谷さんが生まれ育った家なんだそうです。
藤谷さんが定年退職後に山の実家に行ってみると、荒れ果てていて僅かなお年寄りが住んでいるだけだったそうで、人に来てもらうにはどうすれば良いかと考えて民宿を始めるに至ったそうです。
「民宿・ほつむら」は基本素泊まりで、部屋の前には「何事も体験・セルフサービスでお願いします」と張り紙がされています。
食事は材料を持ち込んでいただいての自炊で、お客さんは“かまど”を使ってご飯を炊き、薪でお風呂を沸かすという、つまりトトロの世界「サツキとメイ」のような普段できない体験ができるということです。