その他 Archive

たった一人で始めた民宿

静岡県浜松の民宿、「ほつむら」のホームページを見てみました。
農家の藤谷さんという方が、たった一人で築150年の家を改装して始めた山の上の民宿です。
10畳半の囲炉裏がある部屋と12畳半の和室、山に向かっている間口が大きく見晴らしが良いリビング。
田舎のこぢんまりした民宿というイメージを持ちそうなものですが、これが予想に反して豪快な造りとなっています。
磐田市にある自宅から通いながら、5か月かけてほぼ藤谷さん一人で改装し開業にこぎつけたということですからすごいです。
何もない山の上で民宿を始めた理由は、民宿の元になった家のすぐ隣が藤谷さんが生まれ育った家なんだそうです。
藤谷さんが定年退職後に山の実家に行ってみると、荒れ果てていて僅かなお年寄りが住んでいるだけだったそうで、人に来てもらうにはどうすれば良いかと考えて民宿を始めるに至ったそうです。
「民宿・ほつむら」は基本素泊まりで、部屋の前には「何事も体験・セルフサービスでお願いします」と張り紙がされています。
食事は材料を持ち込んでいただいての自炊で、お客さんは“かまど”を使ってご飯を炊き、薪でお風呂を沸かすという、つまりトトロの世界「サツキとメイ」のような普段できない体験ができるということです。

親子留学って?

最近は子供が小さいうちから英語など外国語を身につけさせたいと思う親御さんも多いと思います。
高校生や大学生になってから留学を考えている方もいらっしゃると思いますが、今とても注目を集めているのが「親子留学」なんだそうです。
それでは、親子留学とはどんなタイプの留学なのでしょうか?
親子留学とはその名の通り「親子で留学する」プログラムをいうそうです。
親が語学学校に通っている間に、子供は現地の保育園や幼稚園、小学校などに通学するそうです。
もし親子留学する場合、気になるのが子供の年齢の目安だと思います。
親子留学のプログラムに参加している子供の年齢は大体10歳くらいまでだそうです。
10歳を超えると親子ではなく単身で留学する子が多いそうです。
さて、親子留学で人気の国はどこなのでしょうか?
人気なのはやはりオーストラリア、ニュージーランド、そして定番のハワイが人気のようです。
オーストラリアもニュージーランドもハワイも子連れで留学するにはどこも安心して行けるのも魅力ですよね。
親子留学は今後ますます増えると聞いていますので、興味のある方はぜひ今からチェックしてみてくださいね。

弁護士になるには猛勉強をする事が大切?

弁護士になるのは難しいです。
弁護士だけがなるのが難しいわけではないですけど、簡単になれる職業ではありません。
司法試験に通らないと弁護士にはなれないです。
司法試験に通ったからと言って自分の事務所を持てるわけではありませんけどね。
自分の事務所を持つ以前に弁護士にならないとダメです。
弁護士自体が簡単になれるわけありませんからね。
大学を卒業したからといって簡単に弁護士にはなれません。
大学を卒業した後も弁護士になるために猛勉強する人はいますが、大学に在籍している間も猛勉強はおこないます。
大抵は大学に入学するだいぶ前から弁護士になるための勉強はおこなっています。
勉強をしなくて弁護士になれるはずはありませんからね。
資格にはいろいろなものがあります。
簡単な資格もありますが、難しい資格もあります。
楽しみで受ける資格もあります。
弁護士の資格は楽しみで受ける事はないです。
弁護士は確固たる思念をもって試験を受けます。
ほとんど勉強をしないで試験に合格する人もいますが、大抵は猛勉強をしないと弁護士試験に受かる事はできないです。
後になって後悔しないためにもやるべきことはしておいた方が良いです。
司法試験だけではないですけど、試験が終わった後で後悔はしたくありませんからね。

鍼灸院の中では携帯は使える?

一般的には、病院では指定されている場所以外で、携帯電話の使用は禁止されています。
これについては、病院や先生によってかなり考え方が異なるところがあるので、携帯を使用すべきがどうかの議論は、ここではしません。
あくまで一般的な鍼灸院では、どのように対処しているのかを解説します。
通常、鍼灸院では、入室する時に携帯電話を持っていくことを許可していません。
ですから指定されている場所があるのであれば、事前に指定されている場所に携帯電話を置いておくようにしましょう。
では、どのようにする理由はなんでしょうか?
理由は、病院とまったく同じになります。
鍼灸院に通っている多くの方は、体調不良を感じている方です。
中には、心臓のペースメーカーを装着している方もいるでしょう。
詳しい因果関係については専門家の意見を参考にしていただきたいですが、やはり携帯の信号とペースメーカーの因果関係は完全に否定できるものではありません。
ですから安全のためには、施術する場所には携帯電話を持っていかない方が良いでしょう。
重大な影響が医療機器に起きてからでは遅すぎます。

ホワイトニング歯科に行きたい

最近、自分の歯の色が気になっています…。
どうも何か黄ばんでいるような感じがするんですよね。
ネットで歯の黄ばみの原因を調べてみたら、真っ先に出てきたのが(?)「加齢による黄ばみ」でした…。
加齢で歯も黄ばむんですね、ちょっとショックです(苦笑)
とりあえず加齢でも何でも歯を白くしたいので、ホワイトニング歯科に行ってみようと思います。
ホワイトニング歯科も最近は街中にたくさん看板を見かけるようになりました。
中には歯科ではないホワイトニングサロン?的なところもあるようですが、ホワイトニングサロンはどうやらセルフでやるそうです。
薬剤はサロンで提供してもらえるらしいのですが、歯に塗るのはセルフ…らしいのでちょっと自分にはハードルが高そうですね。
やっぱりもういい歳なので(汗)ちゃんとした歯科に行こうとは思います。
ホワイトニング歯科ではちゃんとクリーニングをしてからホワイトニングをしてくれて、歯にかぶせものをしている場合は色の調整もしてくれるそうです。
歯科でやればそれなりに費用は高くなりそうですが、やっぱり「医者」でやってもらいたいです、自分は。

商品購入やサービス利用には業者を比較しよう!DVD制作も例外ではない

インターネットの普及により、世界がより身近になりました。
実生活においては、自宅や移動中の空き時間を利用して、買い物ができることが大きなメリットですよね。
また、価格だけでなくサポート面も充実した、理想的なお店選びも可能です。
そのためには、気になる業者ごとに情報収集する必要があり、思った以上に時間が掛かるかもしれません。
このような手間暇を省きたい人の間で「一括見積り」が注目されています。
引っ越し業者選びのために一括見積りするのは常識中の常識ですよね。
その結果、良心的な価格でのサービスを提供する業者との出会いも可能です。
もちろん、DVD制作をするときも例外ではありません。
自分の希望に合った業者を知るためにも、一括見積りを有効活用しましょう。
なお、DVD制作に際しては、いろいろな希望がでてきます。
業者から魅力的なプランを提示されると心が揺らぐかもしれません。
しかし、予算を決めたうえで、その範囲内に収めたいとの意志を持つことが大切です。
もちろん、オプションを付ける意義を感じたときは、多少の予算オーバーも仕方ないかもしれませんね。
そのため、DVD制作で迷ったときは、ひとりで決めないで、身近な人に相談することをおすすめします。

弁護士が書く文章にはある特徴が?

私たちの言動には、自分の仕事が反映されることも少なくありません。
また、身近な人から指摘されて、初めて気付く人もいるのではないでしょうか。
そのひとつに、メールの文書表現が挙げられます。
ビジネスメールを駆使している人は、プライベートでのやり取りにも、同じようなパターンを使うかもしれません。
メールの書き出しの「お世話になっています」や、改行のタイミングは典型的な事例です。
また、「読点」は読みやすいように工夫しているのではないでしょうか。
読点といえば「、」が一般的ですよね。
しかし、弁護士のなかには「,」を使う人もいるようです。
(弁護士以外にもいるかもしれませんが)
その理由として、弁護士が作成する裁判文書に「,」を使ってきた歴史が関係しています。
文書作成をスムーズにする必要性から、パソコンの設定を「,」にしている人も少なくないようです。
そのため、メールの文書作成にも、そのまま反映されてしまいます。
もちろん、訴状などで「、」を使っても差し支えはないため、「,」とどちらにするかは個々にもよるそうです。
なお、弁護士のブログで「,」を見掛けることがあります。
興味を持つ人は「弁護士ブログ」から探してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作に時間が掛かる場合はあります

ホームページを作りたいと思う人は多いです。
企業だったら絶対にホームページが必要と思います。
ホームページは会社の顔でもありますからね。
出来たばかりの会社は知らない人が多いです。
特にインターネットを中心におこなっている会社は知りません。
ホームページ制作に取り掛かったらそんなに時間は掛かりません。
完成するまで何ヶ月も掛かるという事はないです。
数ヶ月、掛かるという事はないですけど、数日は掛かります。
簡単なホームページだったら一日で完成する事もありますが、凝ったものを作るのなら時間を掛けないとダメです。
時間を掛けないと凝ったホームページにする事は難しいでしょうね。

ホームページ制作に一番時間を掛けるのはサイトの内容でしょうね。
ホームページはただ作るだけではダメですからね。
個人で作る場合は自分が好きな事、それに自分が興味のある事を書く事が多いです。
興味のない内容のホームページを作る人はいません。
会社の場合は会社に関係していないと何のホームページなのか分かりません。
依頼する会社によって期間は変わってきますが、凝ったサイトにするのならある程度の時間は掛かります。
時間は掛かってもシンプルなサイトより多くの人が訪れてくれるようなサイトが良いですから内容によっては制作期間が少し長くても良いです。
ホームページは作り替える事も出来ますが、せっかく作ったのですからできるだけ長く同じデザインで行きたいです。

骨格矯正に通うのもこの暑さではどうも…

最近仲良くなったバイト先の学生さん、めちゃくちゃ可愛いんですよね。
今21歳で、私とは18歳差だから頑張れば産めた年齢差ですけどね(笑)
でも、なんだかすごく気が合って、話してて楽しいんです。

私、結構腰痛があるから重い荷物を持つのが辛くて、そんな時にその子が手伝ってくれるので凄く助かります。
娘のような(って、私は独身で子どももいないけど)妹のような、そんな感じで仲良くやっています。
その子が私の腰を気づかってくれて、カイロプラクティックを紹介してくれたんです。
骨盤の歪みで慢性的な腰痛が起こることあるから、骨格矯正をした方がいいんじゃないかって言ってくれて。

骨盤が歪んでるんじゃないかっていうのは、前から感じてはいました。
骨格矯正っていうのも、なんか気になりますね。
身体の歪みを改善したら、体の色々な不調が治ったって話、結構聞くし。

良いのはわかるんだけど、でもこう暑くては仕事以外で出歩くのが億劫なんですよね。
とりあえず、もっと涼しくなってから動こうかな、と思っています。
でも、週末のビアガーデンの約束は行くけどね(笑)
そういうお酒関係は、暑かろうが寒かろうがはりきって行きます!

DVDを制作するのって会社に頼むと費用高い?

私が勤めている会社の社長の娘さんがご結婚されるそうなんです。
結婚式を、県内での一番人気の式場でやるそうで、その結婚式場は花火もあがるそうなんです。

社長はその結婚式をビデオに収めてDVDにするってはりきっています。
そういうサービスって式場のオプションであるんじゃないの?って思ったんだけど、社長の知り合いが撮影して手作りしたいんだって。

DVDを出席者や縁者に配るのでかなりの枚数を作成したいそうなんだけど、そういうのは自分達でやるよりもDVD制作の会社に任せた方がいいですよね。
それって、コピーするよりもプレスって言うのした方が、DVDの質も良いし劣化もしないそうです。
それに、大量に注文する場合だとコピーよりもプレスの方が費用も安く済む場合もあるんだって。

社長の娘さんの結婚式だから、きっと参列者もかなり多いだろうし、配る枚数もきっと多いはず。
だから、絶対にプレスの方がいいですよね!

私が結婚する時も、結婚式の模様は全部映像に収めたいって思っています。
でも、もし結婚式で失敗があったらそれも残っちゃうってことですよね。
やっぱり、全部を残すのじゃなくて良かったシーンだけでいいかな(笑)